データ復旧は大変だった…

いや〜、職場で改修工事をやってるんですが、どうも工事費をけちったらしく、専門知識のない業者らしく、勤務中に突然停電しました。
しかも1週間の間に2回も!

1回目の停電のさい、高電圧がかかったみたいで、ハードディスクの調子がおかしくなり、2度目の停電で立ち上がらなくなっちゃいました。

一応、1回目と2回目の間に頑張ってバックアップを取ったのですが、ディスク上にtempファイルを作ることが出来ないので、CDやDVDに書き込むことが出来ません。MOでちまちまやってるうちに、2度目の停電がやってきて完全に読み込めなくなっちゃいました。

そのあとのデータ復旧は本当に大変でした。
まず、そのマシンのOSはWindows2003server。それのインストールからはじめなきゃいけません。98や、XP Professionalはいれたことあるけど、serverは初めてだったの、色々分からないことがありました。

そしてバックアップは不完全でした。足りないファイルが一杯ありました。
これは私がいろんな場所に分けてファイルを保存していたせいもあるので反省してます。
しかし、いろんな場所に保存するのと同じノリで、いろんなメディアにバックアップしていたため、すっごい時間はかかりましたがなんとか復旧。

私のちまちました性格が役に立つこともありますね(笑)
ドキュメントだけじゃなくて、漢字変換やらソフトの設定ファイルまで取っている自分に乾杯です!

データ復旧
ハードディスク等のデータ復旧・復元ならData119へ!
この記事はブログルポのデータ復旧特集の依頼により執筆しました。

posted by みく at 07.12.16 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ

Mac OS X v10.5 Leopard 10月26日出荷

Apple Store(Japan)Mac OS X Leopardの予約が始まりましたね。

インテルMacになって、もうMacには興味なかい、とか友人に言ってた私ですが、最初からWindows XP/Vistaを実行できる「Boot Camp」が搭載されていることに心が揺らいでます。

クラシック環境がないマシンには興味がないはずなに、欲しくなってしまう(^_^;)
というか、欲しい!

Leopardが入ってるMac本体の発売はもう少し先らしいですが、1280円で10.5にアップグレードできるようです。

posted by みく at 07.10.18 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ

ハードディスクは壊れるもんなんですよ

ハードディスク(HDD)は消耗品。だからまめにバックアップを取るのは常識。

比較的まめにPCのバックアップを取っている私なので、PCデータについてはあまり心配してないのですが、一つとっても心配なHDがあるんです。
それはDVDレコーダーに入っているHDD。HDDである以上、消耗品であることには代わりがない。

つまりある日突然クラッシュして、録画データがパーになる可能性が((;゚Д゚)ガクガクブルブル

バッファローのハードディスク(HDD)外付ハードディスクでBUFFALOの「HD-WIU2/R1」は、簡単にミラーリング(ハードディスクが二つ入っていて、両方に同じものが保存されている状態。片方が壊れても、もう片方が残っているから安心)出来るってことなんです。

これを買ってPCで録画というのも考えるべきなのかも〜、なんて考えが頭をよぎったりもするのですが、ほかの方はどんな風にされてるんでしょう?
不安じゃありません?

さっさとDVDに移せば一番よいのですが、DVDに整理するのって結構手間がかかるでしょ。連続ものならさくっといれちゃうんですが、バラエティとかだと出演者ごとに、ちょうど良い分たまったら焼こう。な〜んて考えてたら、ディスク内いっぱいに大量の番組がたまっていっちゃう。

一番大きな1.5TB(750GB×2)を使ったら、焦らず録画出来るかなぁ。
ほんとはミラーリングHDD内蔵のDVDレコーダーがあれば安心なんですけど、そういうこと考えるのは少数派だろうからきっとでないよね〜。
私的にはすごく切実な問題なんですけど(ToT)

バッファローのハードディスク
posted by みく at 06.10.04 | Comment(1) | TrackBack(0) | コンピュータ

WindowsVista™

ぎゃ〜〜〜! 2007年早々にリリースが予定されている、OS「WindowsVista™」。
これまたメモリ食いなんですね!

WindowsXP/メモリ512MBのパソコンと同程度の処理スピードにするには、WindowsVista™ではメモリが1.5GB必要だそうです。
先日買ったパソコンくん、どんぴしゃWindowsXP/メモリ512MBですがな(^_^;)

060928img1.jpgってことは、もしOSをアップグレードすると、1Gメモリを増設せねばならぬということですね。
か、買ったばかりなのに…orz
というか、今度のOSはいくらやねん!

メモリ増加かぁ。バッファローのメモリだとおいくらくらいなんでしょうねぇ。
さくさく動く環境に慣れ親しんでいたら、メモリそのままでOSをバージョンアップなんて絶対に耐えられません。トータルいくらだ!

それこそ、昔みたいに高くてなかなかメモリに手が出ない時代なんか、16MBから32MBに増やしたとき、その快適さに涙を流したもんですが、もうそんなレベルには絶対戻れませんわな!

ああ、しかし、新OSをリリースするのもいいですが、もう少し軽いOSを開発してくれませんか、マイクロソフトさん!
昔に比べりゃ、メモリ安くなったからいいっちゃいいけどね!(ぷんぷん!)

ところで、自分でメモリ増設って出来る人って、Winユーザの何パーセントくらいなのかな? ちょっと疑問。
posted by みく at 06.09.28 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ